プログラミング講座

【Mac版】MySQLとphpMyAdminのインストール方法と設定手順

 

とうふ
とうふ
こんにちは、Webエンジニアのとうふです。

 

Macなどのローカル環境で開発するならデータベースも使いたいですよね。

今回は、MacにMySQLとphpMyAdminをインストールしてローカル環境でもデータベースを使えるようにするための設定を解説していきます!

主な解説内容はこちらです。

  • MacにMySQLをインストールする方法
  • rootパスワードの設定(MySQLの初期設定)
  • MacにphpMyAdminをインストールする方法
  • phpMyAdminをブラウザで表示するためのサーバー設定

それでは早速やっていきましょう!

MacにMySQLをインストール

まずはHomebrewでMySQLをインストールします。
下記のコマンドでインストールしてMySQLを起動させてみましょう。

*Homebrewでインストール
$ brew install mysql

*バージョン確認
$ mysql --version

*起動・停止コマンド
$ mysql.server start
$ mysql.server stop

 

とうふ
とうふ
インストールが完了して問題なくバージョン確認と起動ができたら次に進むよ…!

MySQLの初期設定

MySQLはrootパスワード無しでインストールされます。
下記コマンドでrootパスワードなどの初期設定をしましょう。

途中でyesまたはnoで答える部分があるので、それについても記載しています。
基本的にはyesまたはYで答えればOKです。

$ mysql_secure_installation

Securing the MySQL server deployment.

Connecting to MySQL using a blank password.

VALIDATE PASSWORD COMPONENT can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD component?


*****************************
// VALIDATE PASSWORD プラグインというプラグインを導入するか?という質問。Yで答えます。
// (設定するパスワード強度のルールを設定できるプラグインです)
*****************************
Press y|Y for Yes, any other key for No: Y

There are three levels of password validation policy:

LOW    Length >= 8
MEDIUM Length >= 8, numeric, mixed case, and special characters
STRONG Length >= 8, numeric, mixed case, special characters and dictionary


*****************************
// パスワード強度ルールを設定します。一番強度の高い2を選択します。
// 「8文字以上、数字、大文字と小文字の混在、特殊文字の使用(記号)」というルールです
*****************************
Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG:2

The 'validate_password' component is installed on the server.
The subsequent steps will run with the existing configuration
of the component.
Please set the password for root here.

New password:設定したいパスワードを入力

Re-enter new password:設定したいパスワードを再入力

Estimated strength of the password: 100


*****************************
// ここから先の質問は全てY(Yes)で答えればOKです
// 初期設定のテストテーブルの削除等をしています
*****************************
Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) : Y
By default, a MySQL installation has an anonymous user,
allowing anyone to log into MySQL without having to have
a user account created for them. This is intended only for
testing, and to make the installation go a bit smoother.
You should remove them before moving into a production
environment.

Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.


Normally, root should only be allowed to connect from
'localhost'. This ensures that someone cannot guess at
the root password from the network.

Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

By default, MySQL comes with a database named 'test' that
anyone can access. This is also intended only for testing,
and should be removed before moving into a production
environment.


Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
 - Dropping test database...
Success.

 - Removing privileges on test database...
Success.

Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.

Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

All done!

 

ここまでできれば初期設定は完了です!

MySQLにログイン

下記コマンドで設定したパスワードを入力してログインできるか確認しましょう。

*MySQLにログイン
$ mysql -uroot -p

このような表示になればMySQLにログイン完了です!

MacにphpMyAdminをインストール

次に、MySQLのデータベースを視覚的に見たり、操作できるようにphpMyAdminをインストールしてみましょう。

とうふ
とうふ
テストデータを入れたりカラムを増やしたりするときは、SQLを実行するよりphpMyAdminから操作する方が簡単で便利だよね…!
*Homebrewでインストール
$ brew install phpmyadmin

phpMyAdminをブラウザで表示する

phpMyAdminをブラウザで表示するために、Webサーバーをインストールします。
Macに既存で入っているApacheを使用することも可能です。

今回はNginxをMacにインストールして使用します。

MacにNginxをインストール

*Homebrewでインストール
$ brew install nginx

Nginxの初期設定

① Nginxのインストールされたディレクトリに移動
$ cd /usr/local/etc/nginx

② 個別設定用のファイルを保存するディレクトリと設定ファイルを作成
$ mkdir conf.d
$ touch conf.d/localhost.conf

③ 「nginx.conf」に「conf.d/以下」の設定ファイルを読み込む設定を追記
$ vi nginx.conf

// http{}ディレクティブ内に以下を追記
include conf.d/*.conf;

④ phpmyadmin用の設定を「localhost.conf」に記述
$ vi conf.d/localhost.conf

// 下記を記述
server {
  listen 8080;
  server_name  phpmyadmin.local;

   location / {
        root /usr/local/share/phpmyadmin;
        index index.php;
    }

   location ~ \.php$ {
        root          /usr/local/share/phpmyadmin;
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }
}

⑤ Hostsの設定
$ sudo vi /private/etc/hosts

// パスワードを聞かれるので入力し、ファイルの一番下に下記を追記
127.0.0.1 phpmyadmin.local

// 追記したらブラウザを再起動!

 

とうふ
とうふ
Hostsの設定に、とうふはMacアプリのHostsを使ってるよ…!

これで下記のURLでphpMyadminが表示できればOKです!
設定したユーザーとパスワードでログインしてみましょう!
http://phpmyadmin.local:8080/

Nginxのファイルの場所:エラーログ

*エラーログの場所
/usr/local/var/log/nginx/error.log

 

参考記事

 

Apacheで設定する場合

Macにデフォルトで入っているApacheを使用する場合は、phpMyAdminのインストール時に表示される通りに設定して下さい。

$ ==> Caveats
To enable phpMyAdmin in Apache, add the following to httpd.conf and
restart Apache:
    Alias /phpmyadmin /usr/local/share/phpmyadmin
    
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride All
        
            Require all granted
        
        
            Order allow,deny
            Allow from all
        
    
Then open http://localhost/phpmyadmin
The configuration file is /usr/local/etc/phpmyadmin.config.inc.php

 

Apacheの設定ファイルの場所を確認する:httpd.conf

*Apacheのバージョン情報を表示する
$ httpd -V

上記コマンドを実行すると、現在のApacheのバージョン情報が表示されます。

-D SERVER_CONFIG_FILE="/xxxxxx/httpd.conf"

そこに表示される上記部分が設定ファイルの場所です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
少し複雑な設定もありますが、インストールはとても簡単なので是非トライしてみてください!

不明な点があればTwitterなどからお気軽に質問ください!

とうふ
とうふ
それではまた…!