プログラミング講座

【初心者向け】エックスサーバーでSSH接続する手順と設定まとめ

 

とうふ
とうふ
こんにちは、WEBエンジニアのとうふです。

今回はエックスサーバー(X Server)のレンタルサーバーに、

「ターミナルを使ってSSH接続する手順」

を初心者の方でもわかるよう丁寧に解説していきます!

① SSH設定(エックスサーバー側)

エックスサーバーはデフォルトではSSH接続ができないようになっています。
まずはサーバーパネルにログインして、SSH接続の設定をしましょう!

「アカウント>SSH設定」から設定ページに進んで下さい。

 

SSH接続をONにする

「SSH設定」の状態がOFFになっている場合は、ONに変更します。

 

公開鍵の生成または登録する

エックスサーバーは「公開鍵認証」のみで、パスワードを使ったログインは出来ません。
そのため、サーバーパネルで公開鍵の登録を行う必要があります。

▼公開鍵を持っていない場合

サーバーパネルで生成することができます
「公開鍵認証用鍵ペアの生成」を選択して任意の「パスフレーズ」を入力して進みます。

パスフレーズはSSH接続の時に使用するパスワードです。
接続時に入力する必要があるので、忘れないよう注意してください。

確認画面に進んだら「生成する」をクリックすると公開鍵認証用の鍵ペアが生成され、
「サーバーID.key」というファイル名で自動的にダウンロードされるので、
鍵がダウンロードされたら、自分のPCの「.ssh」ディレクトリに移動させましょう!

 

▼公開鍵を持っている場合

自分の公開鍵を登録することができます。
「公開鍵登録・設定」で「公開鍵」を入力して「確認>登録」と進めていけばOKです!

 

② SSH接続する(コマンド)

エックスサーバーのSSH接続ポートは「10022」です。
よく使用される22番ポートではないので、ポートを指定して接続します。

$ ssh -i サーバーID.key サーバーID@サーバーID.xsrv.jp -p 10022

コマンドを実行すると、「Enter passphrase for key ‘xxxxxxx.key’:
と聞かれるので、公開鍵を作った時に設定したパスフレーズを入力すればOK。

これで、エックスサーバーにSSHログインできたはずです!

コマンド解説

-i:使用する公開鍵のパスを指定します
-p:ポート番号を指定します
ログインユーザー名:サーバーIDを使用します
ホスト名:サーバーID.xsrv.jp(またはサーバー番号.xserver.jp)

サーバーID&ホスト名はサーバーパネルで確認できます!

最後に

いかがでしたでしょうか?
レンタルサーバーはSSH接続方法が各社異なるので参考になれば幸いです!

とうふ
とうふ
それじゃあまたね…!

こちらもおすすめ♪当サイトも利用中のサーバです