プログラマーQ&A

Q. プログラマーになるために資格は本当にいらないの?その理由とは

 

A. プログラマーになるために「資格は不要」です!!!

どのくらい不要かというと、

  • プログラマーを名乗るためにも不要!
  • 未経験でプログラマーに転職する際にも不要!
  • これから勉強を始める人も資格の勉強は不要!

です。

まよい羊1
まよい羊1
でも、未経験じゃアピールするポイントがないメェ…
まよい羊2
まよい羊2
資格の勉強をすればプログラミングの知識もつくんじゃ?

と考える方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
今回はプログラマーになるために資格が不要な理由を解説していきます!

プログラマー採用に必須な資格はほとんど無い

特に未経験採用の場合は、必須な資格は当然ありません。
経験者採用でも、必須の場合はほとんど無いのではないでしょうか?

資格といえば、

  • ITパスポート(初級シスアド)
  • 基本情報技術者
  • PHP技術者認定試験

など、ネットワークやセキュリティ他、技術面でも業務で必要になってくる知識が
範囲になっていますので、持っていて損はありません。

ですが、未経験でも応募可能な求人も増えてきている近年、
資格を取るための時間や頑張りを、実際の勉強や面接などの求人活動に注ぐことの方が
プログラマーになるための近道になります。

とうふ
とうふ
(ちなみに私は、学生時代にシスアドの試験に落ちています…)

未経験採用では資格は参考程度

まず採用で「資格を持っている」こと自体が重要視されることはほとんどありません。
私はプログラマーとして就職した後、採用にも携わり多くの面接も担当してきました。

その時の採用基準にもなるのですが、特に未経験の場合は資格よりも

  • PCが好きか?
  • 本当にこの業界や職業に興味があるのか?
  • どうしてプログラマーになりたいのか?

などを重要視しています。

超基本ですがずっとPCと向き合う仕事なので、
それが「苦痛」になってしまうような人なら続けるのは難しい仕事です。
(もちろんPC作業を今までしていなかったり、苦手でも続ければ身に付くことでもあります。)

ITやWEBなどに興味がなければどうしてこの業界を目指したの?となりますし、
「手に職をつけたいからプログラマーになりたい」だったら、
資格よりも言語の勉強を始めている方が頼もしいはずです。

何より、

「プログラマーに資格はいらない」と知っているのは、
採用に関わる「プログラマーである」

ということです。

向き不向きがある職業ではありますが、
分からないこと調べたりテストしたりする自己解決能力や
コードを綺麗にわかりやすく書けるか、効率化や物作りが好きかなど

資格では測れない部分を見ることの方が多い
ので、
資格以外の部分を伸ばしたり、目指す理由について今一度考えてみて欲しいと思います。

資格の勉強するならプログラミングの勉強をするべき

とうふ
とうふ
ここまで…読んできた….なら…言いたいことは…わかるよね…
まよい羊
まよい羊
…………………..(圧力すごいだメェ)

前述の通り、資格の勉強に時間を使うなら、

  1. Progate(プロゲート)等で基礎を学習したり
  2. 本を買って勉強したり
  3. プログラミングスクールに通ったり
  4. ひいては、求人を探して就活したり・・・

に時間を使うことの方が大切です。
プログラマーになるための勉強のための資格の勉強になってしまっては本末転倒です。

資格の勉強に時間を使うくらいなら、プログラミングスクールに通う方が良いです。
教えてくれるプロのメンターがいるので効率的に学べ、
転職サポートのあるスクールもあるので、勉強した後の道についても明確です。

ただし、なんとなく「こう書いたから動いた」ではいつまでも成長できないので、
学習をやるならば、なぜこうなのか?自分のやっていることはどういうことなのか?
理解しながら進めていくこと忘れないようにしてください。

わからないことは、

  1. とにかくググる!
  2. Twitterで呟いてみる
    (解決できないことを文字に起こすと原因がふっと降りてくるときがあります)
  3. teratail(テラテイル)で質問してみる
  4. MENTA(メンタ)を使って教わる人を探してみる

等で、積極的に解決していきましょう!

実務に勝る経験無し

何と言ってもプログラミングは経験・実践が物を言います。

未経験で入社したのち「とりあえず自分で勉強してみて^^」と言われた私は、
社内マニュアルでHTMLとCSSの基礎を学んだ後、自力でプログラミングの勉強を始めました。
(もちろん、分からないことはすぐに教えてくださる先輩方がいらっしゃいましたが)

社内ではPHPを扱っていたので、
前述のProgateの他にも様々な学習サービス、動画レッスン、本を一通りやりました。

「基礎は分かってきた」と思っていた矢先、
いざ実践!と与えられた開発案件を目の前にして完全にフリーズ。

何をやったらいいのか、何を書いたらいいのか全くわからないんです。

昔のとうふ
昔のとうふ
サーバーの設定もしなきゃいけない…環境構築もしなきゃいけない…
コードも何から書き始めたらいいのか分からない…突如現れたフレームワークの書き方…なんもわからん…

結局、まだ何もできないことを思い知らされました。

スクールなどは実践的なWEBアプリ等の開発までがカリキュラムになっていたり
学習サービスでも環境構築から始まるものがあり、私のようなことにならない場合もあります。
(私は前述した通り分かった気プログラマーだったので)

ですがその後、実際に開発に携わって自分でコードを書いて作りはじめてから、
ようやくプログラミングが本当に身に付いてきたと感じるようになりました。

そこからは、「自分でもっと〇〇したいからこうしてみよう!」など、
自分主体でようやく開発ができるようになっていきました。

まよい羊
まよい羊
未経験だから知識や経験を積まなきゃいけないかも…

と思いがちですが、資格は当然不要!
自分の経験は気にせずに、まずは現場に飛び込んでみることをおすすめします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回のまとめは以下です。

今回のポイント
  • プログラマーになるために資格は不要!
  • 未経験採用での資格の判断比重は少ない!
  • 資格の勉強をするなら、言語の勉強や1秒でも早く実務に取り掛かろう!

未経験でプログラマーを目指すとき、
何から始めれば良いか分からず「資格取得」に走ってしまうことも多いと思いますが
この記事を読んで今からの時間を有効的に使って頂けたら幸いです!

まよい羊
まよい羊
資格の勉強はSTOP!これから頑張るメェ!
とうふ
とうふ
その…調子…それでは…またね…!